2020年3月19日木曜日

春の良き日に


      =退任のごあいさつ=           
   
           感謝の気持ちをこめて      西田 泰子        
 
 長きに渡り支えて頂き、又、ご協力を頂き本当にありがとうございました。
 思い起こせば実質26年間ですが、立ち上げからすると28年間年間の長きに渡りたくさんの思い出を頂き私にとって生涯の宝物になりました。
 
 他園にない研修制度「ワーク」を当初は年間26回、一回4時間、計100時間を円座になり膝を突き合わせ、お預かりしているお子さんの対応について、目の前に起きてくる問題を丁寧に話し合いました。又、働く自分たちの家庭のこと自分自身の子育てについても大切に皆が耳を傾けました。
 
 保育について、私が何よりも大切にしたことは、お子さんひとりひとりを尊重し大切に育むことはもちろんのこと、子どもへの指針をそこで働く保育士ひとりひとりに当て、働く構図を創ることができるのか?甘えや放任ではなく人間として公平に大切にできるか?が揺るがないテーマでした。
 
 それは、「不思議な会社」という本に出ていた「経営の良し悪しの根本はただ一つ、そこで働く人たちを誠から大切にすること。その誠からを間違えるとあだになる」その誠って何だろう?どうすることなんだろう?・・・その探求は今でも続いています。

 スタッフひとりひとりの努力と皆さんに支えられ「平成23年3月 豊田市市政60周年 地域福祉の部にて表彰を受けました」「平成29年11月17日 働く人がイキイキ輝く事業所の部 イキイキ優秀賞」を頂くことができました。

 そして、発足当初からの念願であった、『平成27年9月豊田市小規模保育事業へ公募、平成27年11月24日上記実施決定者として決定通知があり、平成28年4月1日より認可園の仲間入りをさせて頂きました。安堵すると同時に責任の重さをひしひしと感じました。

 
 
 振り返ってみると『楽しかった』で締めくくることができました。
 ナースリーの門をくぐってくれた、お父さんやお母さんが我が子に「あなたが小さい時にこのナースリーで育ったのよ!」と誇りを持って言えるナースリーがこれからも繁栄し存続することを願い、次期後任者 鈴木貴子さんにバトンを渡します。 本当に長きに渡りありがとうございました。               

懐かしい皆様に又お目にかかれることを心待ちにして、感謝の気持ちをお伝えいたします。ありがとうございました。


                           西田 泰子






2020年3月18日水曜日

3月 ぴょん組たより

3月 ぴょん組たより

3月から新しいお友達が仲間入り。
みんな一緒に遊びたくてお友達の名前を一生懸命呼んでいます!
「隣に座って~」「手をつなごう!」と声をかけています。

お別れ遠足は雨で外にお出かけできませんでしたが、ぴょん組さんはみんなリュックを背負ってナースリーハウスを出発!!2階へ行くとみんな自分のシートを広げてうれしそうにするぴょん組さん。お外への遠足は行けませんでしたが室内での遠足ごっこを楽しみました。

お友達やたくさんの先生と一緒にお弁当を食べて嬉しそうなぴょん組さんでした。












1年間ありがとうございました。  

 ぴょん組担任

2020年3月14日土曜日

3月うさぎ組だより





 


3月うさぎ組だより


4月の進級・入園からもう1年も
たちました。
1年間の間に
できるようになった事がたくさんふえた
うさぎ組さん。

たくさんのお友達と過ごす中で
ケンカもして笑ったり、泣いたり
楽しい毎日を過ごすことができました!

こども園に行っても
がんばってね^^♡
いつでも応援しています♪

うさぎ組担任










2020年3月3日火曜日

3月 ひよこ組たより

☆☆☆3月ひよこ組たより☆☆☆

 32日に雛祭り会を行いました。
間近で雛人形を見たり、?(ハテナ)BOXから何が出て来るのかをソワソワしながら待ったり、「ひなまつり」の歌を踊りながらみんなで歌いました
ひなあられも美味しそうに頬張っていましたよ(*^^*)
月日が経つのは早く、ひよこ組になってもうすぐ1年が経ちますね。
大好きなご家族と離れて過ごす時間は親御さんにとってもお子さんにとっても、大変不安な時間だったと思います。離れて過ごす間には歩ける様になり、色々な物が食べられるようになり、お喋りが上手になり、お友達や仲間というかけがえのない存在にも出逢えて、心も体もとっても大きくなりましたね!!!
もうすぐ新しい出発点に立つひよこ組さん!
次のステージでも素敵な姿を見せてくれる事を楽しみにしています☆☆☆
保護者の皆様には、いつも暖かい目で見守り、支え、励まして下さいまして、本当にありがとうございました。お子様の成長と笑顔を間近で見させて頂けた事に感謝申し上げます。
ひよこ組担任
 
 
 
 


 
 
 



 



2020年2月19日水曜日

2月 ぴょん組たより

2月 ぴょん組たより

あれ?!今日はみんな元気ないね。
どうしたのかな・・・?
声をかけると「オニ…」「オニが来ると怖い!!!」と教えてくれるぴょん組さん。
節分だから鬼が来ると分かっているお友達は朝から少し元気がない様子でした。
ナースリーには泣き虫鬼と怒りんぼ鬼が来てくれました。
広場へ行くと自分で塗った鬼の升に豆を入れてもらい‟鬼は外~!!”と元気いっぱい投げたり鬼に豆を渡したりして節分を楽しみました。

冷たい風の日にも寒さにも負けず、外遊びが大好きなぴょん組です。

ぴょん組 担任








 

2020年2月15日土曜日

2月うさぎ組だより



2月うさぎ組だより

2月は節分会がありました。
鬼=怖いものという思いがあり
怖がってしまう子もいましたが
全員が豆を投げることができました♪

ナースリーでの生活は残り一か月半となりました。
寂しい気持ちはありますが
こども園に行くことを楽しみにしているので
笑ってバイバイできるといいなと
思います^^

うさぎ組担任







2020年2月5日水曜日

よりよい自立へ向けて~授乳・離乳

『授乳・離乳の支援ガイド』・・厚生省から出ているガイドラインです。
お母さん向けの雑誌等は、このガイドから引用します。

その中で大切なポイントをいくつかご紹介します。

①離乳開始前に果汁やイオン飲料を与えることの栄養学的な意義は認められない。
  (体に良いからとか水分補給として・・・飲みすぎない)

②手づかみ食べをしっかりとさせる
  (食べ物を口へ詰め込みすぎたり、食べこぼしをしながら、手の感触で覚えます)

③コップで飲めるようになってから、ストローを使いましょう
  (ストローは、原始的な飲み方に戻ってしまい、丸のみの癖になりやすい)


寒さに負けず!!おそと 大好きの子どもたち
      いっぱい遊んで、いっぱい食べて、お昼寝タイム



2020年2月3日月曜日

2月ひよこ組たより

☆☆☆2月ひよこ組たより☆☆☆
節分会の少し前から「まめまき」の歌を歌ったり、鬼の塗り絵やボールを鬼に当てて、鬼遊びを楽しんでいました。当日は鬼の登場にびっくりして、泣いたり、緊張していましたが、1歳児さんは頑張って豆を投げていました!0歳児さんは豆拾いに夢中でした(o^^o)