2017年8月28日月曜日

お父さん、ちょっと耳を傾けて! (最終回)

①~最終回まで『お父さん、ちょっと耳を傾けて!』を掲載させて頂きました。
掲載していて、私たちが育てられるなかで「母性性」が本当に大事で
土台になることを痛感しました。

関係性の中に。互いを受け入れる土台の「母性性」が欠如すると
折り合いをつけて日常が流れることが難しくなります。

母性性とは、頭がいいとか・できる子とかの評価なしに丸ごと受け入れて
貰った体験です。
意識して「母性性」を使うことはありませんが、意識をするとしたら、
相手の気に入らない部分を、いい感じに変換して受け止めることです。

部屋の片づけが下手で乱雑な場合は、おおらかだな!!という見方に
変換して、いい所とそうでないところの両方を受け入れていくように
努める。

そうです、互いに務めていく。

簡単ではありませんが、相談できる人をゲットして人生前向きに生きたいと
思います。

『お父さん、ちょっと耳を傾けて!』を今回で終了させて頂きます。



           小さな笑顔は素晴らしい!!






0 件のコメント: