2017年5月30日火曜日

人間性を育てる社員教育

1999年保育指針改定で、乳幼児において特定の保育士との間に
愛着関係を形成することの重要性が明記されました。

特定の保育士との愛情深い関りが、基本的な信頼関係の形成に
重要であることを認識して・・・

昨今の乳幼児保育が待機児童を減らすという問題だけではなく
保育士と子ども一人一人が愛着関係を築く重要性が取り上げられています。

地域性や家庭的な希薄な関係を保育園で培う・・・そこに目的があるのでしょうか?

小さな保育園ですが、どうしたらひとりひとりの人間(保育士)に人間性が
深まっていくか?
現場の日常の保育の中で、培っていけるか?


=独自の試みのひとつ=

    保育の中でするたくさんの動作があります
    これは母親がするべき・・の枠を外し
    してあげることに喜びを持とう!!
    そこから、やりがいや仕事の意味を見出し
    喜びを感じよう。







    
    

0 件のコメント: