2017年4月28日金曜日

佐々木正美先生の本の中に

『親が基本的信頼感を育て、友だちが社会性を育てる

  「お母さんがすき、自分がすき」と言える子に
  信頼されて子どもは育つ
  企画室 佐々木正美著


集団の中では、思い通りにいかないことがでてきます。
そのような時、

①子どもの気持ちを汲んで・・「この玩具を使いたかったね」
②使いたい!!という風船のように膨らんだ感情を自分で鎮める
  ために寄り添う


私たちの関りは、親の役割に近いものだと思います。
親から絶対的に気持ちを理解してもらい、ナースリーでも
気持ちを理解する関りをしてもらう。

自分を好きになる基礎ができるといいなあ・・・。

     ぜ!!雑巾がけをするのかは??大きな効果があるからです





0 件のコメント: