2017年4月19日水曜日

集団の生活が始まって

生まれて一年のお子さんからの集団生活が始まりました。
子どもたちは、お母さんと離れる時に泣けてしまいますが、姿が見えなくなると
気持ちが切り替わるのか遊び始めます。

すごいな、適応する力はすごいな・・と感心します。

国の基準で子どもの人数(6人)に保育士(1人)の数が定められています。
ナースリーは国の基準よりお子さんの数が少なく 3.5人に1人の保育士が
付くようになっています。

少人数で見守ることは当然のことですが、それよりも、もっともっと大切な
ことがあると思います。

働く保育士の調和がとれていること。
保育士の集団として、大きな問題点を抱えていないこと。

個人でも事業所でも、大きな問題を抱えていると子どもへの視線が
おろそかになってしまいます。

穏やかな環境の中で、子どもも育ち保育士も働けるムードが必須かな!!
では、具体的に何をしたいいのかな??とアンテナを張っています。

        先生が守ってくれる・・信頼関係が生まれてきました
        もう少し大きくなると・・いい遊び仲間になりそうです









0 件のコメント: