2017年2月8日水曜日

『子育てで何が一番大切なのか??』

■佐々木正美先生の「お母さんが好き、自分が好き」と言える子に・・・には、
「人を信じる力と自分を信じる力」であると書かれています


■どのようにすると子どものこころに育つのか・・・それは、
 自分を信じてくれる人に巡り会うこと


■あれこれ心配して注意する親は、子どもを信じられないから心配
 しているということがあるわけです


■親が子どものためを思って心配しているという部分は伝わらなくて、
 子どもを信じていないということだけが伝わります
                             (本から抜粋)


保育の中で、私たちはいろいろなお子さんと出会い・関りを持たせて頂きます
個性あるひとりひとりを集団という比較を超えたところで愛情をかけて
接したいと思います
「可愛い」・・といった感情を持ち続けたいと思います。


    ひよこ組さんは、先生の背中と抱っこで移動してきました。
    『先生の背中は、ぬくもりがいっぱい』

 
 
 











0 件のコメント: