2017年2月20日月曜日

ぴょん組だより

ぴょん組だより


まだまだ寒い日が続きますが、ナースリーには毎日子どもたちの元気な声があふれ、まるで一足先に春がきたように感じられます。
公園への散歩が、毎日の楽しみの一つになっている ぴょん組の子どもたち!!
冷たい風に頬を赤くしながらも、小さな体で季節を感じています。
それぞれ、出来ることが増えてきて、みんなたくましくなりました。















1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ナースリー発足1年目に娘を預けました。娘はもう社会人1年目の23歳です。
親業をかじる程度に教わりながら、子育てをしていました。

最近我が子への声かけに悩んだ若いママと知り合い、能動的な受け答えを伝えましたが、その若いママとはなかなか会えないので、西田先生にお願いをして、親業に関連する本を送ってもらいました。
親業を習ったからこそ、自慢の娘になったと自画自賛してますが、そんな人が少しでも増えたらいいな、と思います。