2016年11月22日火曜日

学び合う研修

ナースリー独自の研修があることは何度か掲載をしました
1、保育の質を上げるために
  保育の三本柱である リズム・食べること・気持ちを解る
  ことのスキルアップに時間を当てます
2、仲間であること、憶測のない情報交換の場として
3、その時、その時の問題点について気づきの場として
4、掃除、保育用品作成

今日はBグループ
・食育・・・先生の手作りのペープサートで『元気でパクパク』
・N先生の伴奏で『童謡メドレー』を歌いました
・クリスマスの飾りつけ 今日からクリスマスムードに変身です
・感染症対策・・嘔吐のお子さんが出た想定のトレーニング
・本から学ぶ『さくらんぼ坊やの世界』

『さくらんぼ坊やの世界』
山崎さんという映画監督が3歳児を映画に収めるために
いくつかの保育園を取材しました。その中で、さくらさくらんぼ園に
出会い、二歳児までは家庭でと言う思いを覆し、さくらんぼ園の子どもが
目を輝かせ生き生きと発達していく様子のポイントをまとめた本です。
何を大切にしたら、子どもが本来の姿で育つか??のヒントが
満載の本です

      ≪お昼寝≫
     食べること・遊ぶこと・眠ること・・・子どもにとっては
     とっても大切なこと

     起床から夜の睡眠まで、生活のリズムを整えるのは
     育児の大切な要素です




0 件のコメント: