2016年10月12日水曜日

能力はさまざま

能力:物事を成し遂げることの力・・・と辞書を引くと載っていました。
物事全般を成し遂げることは不可能ですが、誰しも好きなこと・決めたことは
成し遂げる力を持っているように思います。

時間に遅れるタイプ
提出が期限内にできないタイプ
約束をドタキャンするタイプ
言わないとやれないタイプ

などなど・・・

上記は社会人としたら、人格を疑われかねない最低必要なことばかりです

もし、自分がその傾向があるとしたら、あなたは誰の言うことなら
聞く気になりますか??




命令


親を試してやる・反抗的になる




同意


自己認識と賞賛が合致しない不安




脅迫


恐怖心を抱かせ服従を強制する




侮辱


愛されていない価値がないと感る




説教


子どもの責任感に親が不信を表明




解釈


挫折感や屈辱感から話さなくなる




提案


自分で問題に取り組むことを妨げ


10


同情


言うのは簡単だよ、敵対意識を持つ




講義


子どもに劣等感や未熟さを意識


11


尋問


親の質問に答えるうちに見解を失




非難


話し合いを拒否し、自分が悪いんだ


12


ごまかす


困難な問題に心を開かなくなる



親業の12の障害のはなし方が上記です
親しければ親しいほど、遠慮のない言葉を使いがちですが、本当に相手の
ことを思い苦労していることに理解・共感するならば、上から目線だけでは
大事なところには届かないでしょう。

         先生たちの紙芝居・・・はじまり・はじまり


0 件のコメント: