2016年7月11日月曜日

並べた自動車を投げていたA君!

子どもに注意をする時・・このような言い方で話しかけます!!

≪状況≫
高さ30センチくらいのマットの上にミニカーが並んでいました。
そこにA君が来て、ミニカーを投げ初めました。近くには二人の子どもたちが
遊んでいます。

①A君に「A君が投げると、B君C君達に当たると危ないの!」
 親業の「わたしメッセージ」を繰り返し話しかけます。

②注意されたA君は、怒れて「やだー・・」と大きな声を上げました。
 A君の感情を受け止め「いいよ!大きな声を出してもいいよ」

③A君はお気に入りの自動車で遊びたかったんだね。

こんな感じで感情が治まるまで付き合います。
その後のA君は落ち着ついて違う遊びを探し始めました。


         ≪たらいでボールプール≫








0 件のコメント: