2016年2月4日木曜日

私の楽しみ・・・③

先回の続きです・・・③
1月29日の放送された連続テレビ小説≪あさがきた≫
の中で、主人公のあさと夫の新次郎が、銀行の神様と言われる
渋沢栄一から三つの質問を受けます。
その中に、人の生き方として大事なヒントがあります。

              
            *
            
②は両替屋になくて銀行にあるものは何か?でした。・・・答えは『預金』でした。
③銀行の神様と呼ばれている渋沢氏や炭鉱王で大阪商工会議所創設者の
 五代友厚氏が大きな見地から国益を考え常々やらないといけない事とは
 なんだと思いますか?

A:それは、人間をつくること。
  つまり、教育、自分の子どもを育てる事だけではなく、日本のために働く
  誠実な人材をつくるということです。
  商いと教育、どちらも大いに頭を悩ます問題です。

私の感想は次回へ・・・


     ≪ 給食試食会・・ひらしば幼稚園さん・学童さん 出席ありがとう!≫




 





0 件のコメント: