2015年10月8日木曜日

やり通す『ちから』

何かを計画した時、スムーズにいくことばかりではありません。
親業、秋の講座では託児の方々がいつもよりは多く集まりました。
普段は各クラスに入れてもらえるのですが、今回はちょっと人数が多すぎます。
どうしよう・・・どうしよう

このような時・・託児の子を受けすぎだよね。
          クラスの状況や現場の状態を解っているのかね?
確かにこのような不満が出るかもしれません。

それでも、親業は私の原点であり、ナースリーの原点でもあります。
私にとってこの場がかけがえのない学びの場なのです。

幸い託児をして下さる方も見つかってホッとしています。

『壁』を超えられて良かった。これからも壁があると思うけど乗り越えられますように。


             幼稚園のTちゃん みんなのお姉さんです


0 件のコメント: