2009年10月30日金曜日

子どもに大切な厳しさ



                          お母さんとバイバイした後で!


≪子どもに大切な厳しさ≫

受け入れることも大切ですが、厳しさも大切です
 小さいから
 まだ言っても分からないからではなく
 厳しさのコツを理解して欲しいと思います

ハサミや先のとがった棒を持って走りまって・・嫌~だ!と手放さない時

①馬鹿だね、危ないじゃないの?・・・子どもを見下し非難するような言葉は避ける

②どうしても欲しがっているからと…親があきらめない・・放任は愛されていないと

   子どもが思ってしまいます。

③親が危険だと思ったら、手放すことを完了させることです

   時間がかかっても、納得させるなり、泣いてでも手放すようにします


 例えば、

 A,頂戴ね、頂戴ねを繰り返し・・・子どもからお母さんに手渡すまで待つ 
    子どもを信じる

 B,転んだりすると危ないからね・・・子どもに分かるように納得させる 
    子どもは必ず理解します

 C,強い欲求を持って手放さない時は・・・取り上げます

  取り上げながら・・・泣くことを許容する・機嫌が悪くなることを許容して

  気持が治まるまで一緒にいます・・・ここがポイントです 
    親の毅然とした態度に生き方を学びます

こんな感じで、寄り添ってあげましょう
  「ハサミはお座りしてやるんだよ」
  「長い棒を持って走るのは危ないからね」
  「これで遊びたいけど我慢しようね」

・ 子どもの気持ちが治まるまで見届けるのがベストです。
  そして、ちゃんと手放すようにさせましょう!

  




0 件のコメント: